japan.deaf-golf.net

第19回日本デフゴルフ選手権大会開催される

2016/09/17 23:02
 
2016年9月12、13日に第19回日本デフゴルフ選手権大会が開催されました。台風が過ぎ去った後の秋雨前線が停滞したために、2日間プレーの中、一時強い雨にあったものの、参加選手皆さんが集中を途切れること無く最後まで頑張って頂きました。大会会場のサザンヤードカントリークラブは屈指コース設計者、小林光昭氏の手による自然のダイナミズムにあふれているコースです。

競技方法は、2日間競技のスクラッチ戦(男子一般、シニア、女子)、そして初日のみWペリア方式によるハンディ戦も合わせて全員対象で行われました。

初日のハンディ戦部門での優勝者は、薄井雅弘83 ハンディ12 ネット71 準優勝者は田島時彦さん87 ハンディ15.6 ネット71.4  第三位は米山優さん87 ハンディ15.6 ネット71.4 また初日ベスグロ賞として一般男性クラスは袖山哲朗さん81、女子クラスは大島未来さん105が選ばれました。
本戦の2日間競技のスクラッチ戦部門での優勝者は、男子一般クラスは袖山哲朗さん 81 79 計160、シニアクラスは鈴木邦男さん 87 86 計173、女子クラスは飯田かず子さん 105 102 計207でした。
競技委員の町島久晴プロが懸命に手話を使って頂いて、各組に競技ルール説明やスコアカード配布を行って頂き、また五十嵐雄二プロも手話を上手に使い、表彰式に賞品配布して頂くなど大会2日間、心こもった対応をして頂きました。普段出会えることのないゴルフツアープロ、ティーチングプロと聞こえない方々が手話を交えて心が一体になったとても有意義な大会期間でもありました。
また、熊本震災チャリティー募金をお願いをしたところ、6,924円集めることができました。
最後に、開催準備や表彰準備、アテスト、記録などご協力頂いた大会運営スタッフの皆さん、サザンヤードカントリークラブの関係者、チャレンジアスリートプロジェクトの関係者、資金のご提供をして頂いたキナセクラブ工房、トータルサポート水戸本店、タイヤ倶楽部、東野ジャンボゴルフレンジ各位、商品のご提供をして頂いた五十嵐雄二プロ、大塚製薬株式会社各位、本当に有難うございました。

チャレンジ・アスリート・プロジェクトのポータルサイトに日本デフゴルフ選手権大会の記事が載っています。





手話で挨拶する五十嵐プロ


大塚製薬協賛の飲料を手にする選手皆さん



穴山支配人の挨拶


澤田副理事長の挨拶


世界デフゴルフ選手権大会報告する団長、選手皆さん


左からお祝いする五十嵐プロ、新ペリア準優勝の田島氏、
優勝の薄井氏、三位の米山氏 

競技ルールを手話で説明する町島プロ


手話で競技説明する町島プロ


チャレンジアスリートプロジェクト仲栄真さんの挨拶


左からシニア部門優勝の鈴木氏、準優勝の澤田氏、三位の田島氏、
四位の大石氏、五位の黒川氏


左から女子部門優勝の飯田氏、準優勝の富川氏、三位の益永氏


左から一般男子部門優勝の袖山氏、準優勝の薄井氏、三位の渡辺氏
四位の助川氏、五位の米山氏



選手皆さんから町島プロへ誕生日プレゼント